私には同じノーブルで建設中の友人がいます。
―――
最近のブログがあまりにも家の事が無さ過ぎ、私物化していると
オットーの指摘があり、たまには(?)家の事も書こうと思います。


私は結構「標準、シンプル」にこだわり、コーディネーターもびっくりの
高速でばばばば〜っと物事を決めて突っ走りました。

この友人は、「慎重、こだわり、妥協、迷い」に苦しみながら、
結構時間をかけて決めてました。

何度我が家を見学に訪れた事でしょう。


でも、ポイントが真逆。

対面だけど隠す壁がある我が家のキッチンに対し
フルフラットのキッチン。

玄関入ってすぐにある階段に対し
リビングにあるオープン階段。

「く」の90度倒したシンプルな屋根に対し
な〜んかこじゃれた

  _|\
/    \

角度によってはこんな感じの屋根。
うまく反映されるか心配。


壁紙も、我が家はトイレ以外は全部同じなのに対し
結構冒険して、返って見るのが怖いとか。


「大丈夫かな〜?」
「大丈夫じゃん?」


この前は、床の色が我が家とは名称が違うのに、同じに見える〜と言うので
大工さんが休憩でいない時、床の端切れを持って我が家に持ってきました。

・・・同じでした。

あれ〜?名前変わった?私だけ勘違い?
・・・たぶん、私の勘違いだと思う。

「出た、昭和のポンコツ
・・・オットーのつぶやきここにもしかり。
オットーのポンコツシリーズはどこまで続く?


・・・ま、まぁイメージはつかめたかな???

我が家の窓から見えるので、
もうそらしょっちゅう見せてもらってるので、
親近感湧きまくりっす。


この前は見学に来た友人が、2階のベランダから手を振ってました。

出来上がり、楽しみです。