まずは計画。

■測量
木杭を何本か打って、杭の高さを計算。
杭の天端の高さの関係が分かれば、杭の間の高さは糸を張ってみれば丸わかり。

不慣れだし、好きでもないけど、ヨメを助手にしながらなんとか完遂!



■計画高さ
床の高さを10.000mとして、色々な計画を決めていく。
床の高さから72cmの位置まで手を入れる事に。



■基礎の配置
配置図の図面を描く。
本体の基礎は16個。段床の分はとりあえず後回し〜〜




次は基礎を買いに、DIYの強い味方、ジョイフル本田大先生@荒川沖へ向かう。
羽子板付き束石がかっこいいけど、ひとつ800円は高いなぁ。
てことでピンコロ(大)ひとつ400円をチョイス。
基礎代1万円なり〜〜




ついに施工開始!

立てた計画通りになるように土を掘る。
幅50cm×長さ400cm×深さ30cmをスコップ1本で掘っていくのはなかなかきつい作業(;^ω^)

掘り終わったら、砕石を入れて突き固める。

んで、モルタルを練って、その上にピンコロを置いて高さと水平の調整。
デッキが水平に作れるかどうかが決まる大切な工程なので、この調整は1mm単位でやります!



最初のいくつかは全然慣れなくて、据えては壊し、据えては壊しのくり返し。
17個据えるのに延べ7日くらいかかってます ( ´ー`)フゥー...


防草シートを貼って、束柱を建てて、大引を乗っけて、デッキ材を貼っていく。
これは案外簡単で、のんびりやって延べ3日。
材料のカットを先にやっておけば、延べ2日だったろうなぁ。



ここまで来ればあとは結構サクサク進みます。
形ができてくれば、気分も乗ってきて作業も楽しいです ( ^ω^ )



正面の幕板を貼る前だけど、ほぼ完成
(`・Д・´)ドヤッ




ごろごろするなっつ(゚∀゚)