工事が終了してから11日目。とうとう、NHから鍵を渡される日がやってきました。着工から数えると、116日目になります!

当日、現場見学会を行っていた都合上、引渡しは18:00からになりましたが、涼しくなってきた時間からなので、それはそれで良かったかな〜と思いました。

しかし、当日の気象庁発表の気温は判りませんが、体感温度は35℃を余裕で超えていたのにも関わらず、NHの皆さんは、来客に対してきちんとした対応していたのには感服しました。その様子が↓



玄関には、来客用スリッパ、手袋、図面がきちんと置いてありました。





さて、本題の鍵引渡しですが、盛大に行われました。

玄関にはテープカットの準備が施され、鍵引渡しに必要な道具が置いてありました。





最初にテープカット前の記念撮影が↓



福井社長の代役として、営業担当の菊田さんからNHを代表して挨拶がありました↓



そして、テープカット!しんのすけ と ひまわりにもテープカットさせるために、狙いを定めるのに苦労しました↓



ようやくテープカット。。。



テープカットの後、大鍵の引渡し↓



渡された後、記念撮影↓



ようやく、本物の鍵の引渡し↓これで、工事用鍵は使えなくなります!



そのときは、ひまわりも分かったらしく、『これで私の家になるのネ〜』とにんまり!



これでようやく式は終わりました!ので、営業担当の菊田さんと工事担当の高根澤さんとで記念撮影↓



家に入り、書類にサインと捺印が待っていました。判子を押す度に、ニンマリ度が増す高根澤さん↓



打合せが長引き、遅れてきたコーディネーターの木下さんとも記念撮影しました↓



正味、2時間くらいはかかったかな〜という記憶がありますが、無事、鍵引渡しの儀式が終わったことには感謝、感謝です。単独での鍵引渡しは嬉しいですが、野原家の周りには50軒近くの新築があるので、ちょっと『照れた』壮大な鍵引渡しでした。

間取りを考えるとき、みんな、どう考えているのかな〜おそらく、どの場所に家具や家電を配置するかを考えて決めると思います。
これまでは何もない状態の野原家の説明でしたが、次回から、家具や家電が配置された野原家を説明しようかな〜と考えています。特に、キッチン周りは、何もない状態から、がらりと変わると思います。